SWEET☆HOLIDAY 美丘 最終話
FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美丘 最終話
「最期の時 この命をありがとう」

mioka_12.jpg

「美丘…
君の意識が閉ざされてからの毎日は
出口のない迷路に、入り込んでしまったようだった
来る日も来る日も僕病室に行き…
できる限り君のそばにいた
君は目を覚ましていても
心はどこかに行ってしまったままだったね
僕は思いつくままに、いろいろな話をしたけど
君にはどんなふうに聞こえたんだろう。
輝きを失った瞳の奥で
君は何を見ていたのだろう。
君の眠る顔は 穏やかで美しかった
でも 僕はその寝顔を見るのが怖かった
君が二度と目を開かないような気がして
怖かったんだ。」

「美丘…
從你意識封閉的那天起
我如同進入了沒有出口的迷宮
我日復一日的去醫院
只為了儘量陪在你的身邊
雖然你睜著眼睛
但是你的心卻不在這裡吧
我對你說了很多過去的事
在你聽來又是什麼樣的呢?
在你那失去光輝的瞳孔深處
你在凝望著什麽呢?
你的睡顏是那麼的安穩美麗
但是我卻害怕看到你的睡顏
一想到你有可能再也不會睜開雙眼
我就不寒而慄。」

美丘的意識突然短暫性的恢復了。
最後一次來到屋頂。
感受風吹的感覺。
感受活著的感覺。
感受太一的吻,太一的愛。
藍天映著美丘的臉,
印證著她的存在。

聽著美丘說「また明日」,
不免有些傷感。
明明二人都知道可能就沒有明天了,
卻還微笑著告別。

太一聽了美丘錄在IPOD里的留言。
聽著美丘說太一是她的天使,
救了本要自殺的自己。
聽著美丘說自己的矛盾,
喜歡卻沒有未來,
雖然留下了許多痛苦的回憶,
二人還是笑著面對著不安的未來。
聽著美丘說自己是幸福的。

雖然是聽著這種路線的劇的傳統對白,
聽到美丘跟父母告別的話,
還是很難受。
最後的淚,
是感激幸福的印證吧。

「太一くん
私には 太一くんの未来が見えるよ。
今より、ちょっと大人っぽくなった、太一くんが
自分のやりたいことを見つけて
生き生きと仕事をしてるの。
それでいつか、好きな人と出会って
結婚して
子供が生まれて
愛する家族と
幸せな家庭を築いて行くの。
それが太一くんの未来。
太一くん、ごめんね
ずっと一緒にいられなくて。
でも、太一くんは生きてね。
私の分まで生きて生きて生きて。
行ったことのない場所に行って
見たことのないものをいっぱい見て
それを私に全部教えてね。
ありがとう、太一くん。

あっもう一つだけ伝えたいことがあったんだ。
命には いつか終わりが来るって
誰だって知ってるけど
普段はそんなこと忘れて
永遠に時間があるみたいに
過ごしてるよね。
でも、私ね病気になってわかったんの。
何げない毎日も全部
二度とない特別な日なんだって。
生きていれば
楽しいことだけじゃなくて
辛いことも、悲しいこともあるけど
その一日をむだにしないで
生きようって思えたら
そこらじゅうが輝いて見えるんだよ。
ねぇ、太一くんもう気づいてる?
私は知ってるんだ…
生きてるって
それだけで奇跡なんだよ。」

「太一
我可以預見你的未來哦。
比現在稍顯成熟的太一
找到了自己的興趣所在
朝氣蓬勃地工作著。
然後,某一天遇見了心愛的人
結婚,生子
和深愛的家人
共建一個幸福的家庭。
這就是太一的未來。
太一,對不起
不能一直陪著你
但是,太一你要活下去
連我的份一起活下去。
去從未去過的地方
看很多從未見過的風景
然後全部說給我聽。
謝謝你,太一。

對了,還有一件事想告訴你。
生命總有一天會走到盡頭
這是誰都知道的事
但平時總容易被遺忘
人們仿佛生活在無限的時間里呢。
但是,生病后我才明白
看似平凡的毎一天
都是獨一無二的日子。
人活著不會只有開心的事
也會有難過和悲傷的時候
但是只要不虛度光陰
生命就會閃閃發光。
太一你明白了嗎?
我已經明白了…
活著
本身就是一個奇跡。」



峰岸美丘 ... 吉高由里子
橋本太一 ... 林遣都

笠木邦彦 ... 勝地涼
五島麻理 ... 水沢エレナ
北村洋次 ... 夕輝壽太
佐々木直美 ... 中村静香
高梨宏之 ... 谷原章介
峰岸佳織 ... 真矢みき

テーマ : 美丘
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 吉高由里子 林遣都

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
アーカイブ

TAG
SUMMARY
  • スポンサーサイト
  • 美丘 最終話
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2010年09月19日 (日)
  • 10時04分19秒
メール

Name:
Mail:
Title:
Comment:

痕跡

そのほか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。