SWEET☆HOLIDAY Q10 第5話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q10 第5話
「正体がバレた!! ずっと一緒にいたいのに…別れの時」

20101114214835.jpg

「失いたくないと思った。
夕焼けも
Q10のちょっとダサい制服も
その変な喋り方も
どこからか聞こえて来る 吹奏楽部の音も。」

「我不想失去。
無論是夕陽
還是Q10那有點遜的校服
和她奇怪的說話方式
還有不知從哪兒傳來的吹奏部的樂聲。」

知道了Q10機器人身份的中尾想要平太把Q10讓給他。
而此時的平太已經知道了在自己的心中,
Q10已經不再只是一個機器人,
而是對自己不可缺少的人。

「今 偶然ここにある何もかもを
失いたくないと思った。」

「現在 偶然出現在這裡的所有東西
我都不想失去。」

想要Q10的中尾,
想要不一樣將來的影山,
想要回到從前生活的河合,
想要逃離病痛的久保,
想要被人認可的山本。

人,當有了想要的東西,
一切都變得不一樣了。

「死ぬほど欲しいものがあるっていうのはさ
俺は まだまだ生きるぞ ってことなんだよ。」

「如果有那種死了都想要的東西
就是 我還活得好好的呢 的意思。」

「小さく畳んで しまっていたはずのものが
少し開いたような気がした。
どうしよう。
俺のろくでもないものが また
手に負えないぐらい 大きくなってしまったら。」

「我感覺本已經化為很小的那些東西
有些開始膨脹的趨勢。
我該怎麼辦?
我的那些無所謂的事情
又要膨脹到我無法應酬的程度的話 怎麼辦?」

究竟什麽是屬於自己的地方。
究竟如何決定自己想要的方向。

「あの鉄塔だ。
Q10が 世界が生まれました といった
あの鉄塔だ。
Q10と どこまでも一緒に 行けたらいいのにと思った
あの鉄塔だ。
あの鉄塔が俺なら
あれは 久保だろうか。
あっちは 影山。
あれは 山本で
藤丘で 中尾で
河合で
どれも 空に向かって立っている。
それは 空にむかって
声にならない声で 叫んでいるみたいで。
どうしていいか わけの分からない
気持ちを深く根元に沈めて
互いに手をさしのべるように
頼りない電線だけで つながっていて
ぽつんと独り
でも 地面に精いっぱいふんばって
俺はここにいると 立っている。
あぁ そうだ。
俺たちは ここにいる。」

「那個鐵塔。
是Q10說 世界誕生了 的時候的
那個鐵塔。
要是無論什麽地方都和Q10一起去的話就好了
那個鐵塔。
如果那個鐵塔是我的話
那麼 那個就是久保吧。
那個是影山。
那個是山本,是藤丘,是中尾,是河合
無論哪個 大家都是面向天空站立著的
就像是沖著天空
大聲的呼喊
將那種不知所措的心情深深地埋在心裡
互相之間攜手並進
互相之間只是借著靠不住的電線互相連接著
孤單的一個人
但是 大家都是努力地腳踏實地
站在那 嘴裡說著 我在這裡
啊 是這樣的
我們在這裡。」



深井平太 ... 佐藤健(幼少期:嘉数一星)
Q10(久戸花恋) ... 前田敦子
山本民子 ... 蓮佛美沙子
影山聡 ... 賀来賢人
中尾順 ... 細田よしひこ
久保武彦 ... 池松壮亮(幼少期:飛田光里)

テーマ : Q10(キュート)
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 佐藤健 前田敦子 蓮佛美沙子 賀来賢人 細田よしひこ Q10

Secret
(非公開コメント受付中)

最新記事
カテゴリ
アーカイブ

TAG
SUMMARY
  • スポンサーサイト
  • Q10 第5話
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2010年11月14日 (日)
  • 22時14分54秒
メール

Name:
Mail:
Title:
Comment:

痕跡

そのほか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。